宇宙飛行士になりたいトマト

年長さんの頃からやっているどんぐり倶楽部について書いていきます。ブログのタイトルは現在7才の息子の言った言葉。西欧在住。

0MX84(8才)

2週間の冬休み最初の日曜日。わからん帳にするかどうか迷ったけれど、そのまま普段通りの問題の束を渡した。選んだのは0MX84。

 

0MX84

おとこのアリさんとおんなのアリさんが、にれつにならんでいます。

おんなのこがおおいようです。

れつのながさのちがいは6人で、おんなのこが13人だとすると、みんなではなんにんいることになりますか。

f:id:raminagrobis:20160215172422j:plain

ありさんたち二列を丸で描いた。なんか寂しい。問題を聞きながら丸を書き加えたりバッテンを書き加えたりする。似たような問題はもう何題もしているから慣れてきたのかな。筆算らしきものが消されている。多分ここでおかしいと思ったんだろう。そのあと、もう一度、今度は棒線で同じことを描いた。終わったあとに、もう一度描いてみたの?と聞いたら、答えがあってるかどうか確認したかったからだそうだ。

ありさんがまるでさみしいなあと言ったら、ありの絵を付け加えてくれた。

先週まで学校で九九をやっていた。どんぐりでは習熟してはいけないものの一つ。三角視算表を負担にならないように少しずつ使ってみた。今のところ、なんとなくおぼえたかなーという感じ。